Z-LASER

製品

Material and time savings thanks to laser projectors from Z-LASER
2Dレーザープロジェクターによる
省時間・省資源

2Dレーザープロジェクター

産業用レーザープロジェクターは“視覚誘導システム”として機能します。工具をどのように配置するか、または材料をどのように取付けるかをワークピース上に直接表示することにより、多くの製造工程においてテンプレートを使用せずに作業を行うことができます。例えば、溶接や組立て、またはいわゆる“光ガイドシステム”がこれに当てはまります。このようにレーザープロジェクターは作業者に段階を追って組立工程をガイドすることが可能です。

Z‐LASER社のレーザープロジェクターは、高速で安定した高い繰返し周波数を誇り、それにより視覚的なちらつきを軽減、またはその発生を防ぎます。2Dおよび3Dアプリケーション向けに最適化されており、1000分の1ミリメートル範囲で高精度の投射を実現します。拡がり角(80°x 80°)が広い作業領域を実現し、造船、風力タービンの風力ブレード製造のような、広範囲で非常に複雑な投射が可能です。

レーザープロジェクターの利点:
・ワークフローの最適化による材料と時間の節約
・高精度・高品質な製品生産
・即時の視覚品質管理
・生産能力の拡大

LP-HFD2

LP-HFD2

LP-HFD2は多大な販売実績を残したLP-HFDの後継機種です。コンパクトで軽量な新ハウジングに、優れた熱管理機能を備えた2Dレーザープロジェクターのベストセラーモデルです。

ZLP1

ZLP1

ZLP1はコストパフォーマンスに優れた2Dプロジェクターです。設置高さは最高3.0mで、最大3.5m四辺の投射面に視認性の高いグリーンのレーザー光パターンを投射します。

ZLP2

ZLP2

ZLP2は、ファイバーカップルレーザー光源を採用した、2DプロジェクターZLPファミリーのハイエンドモデルで、図形、文字など、2Dレーザー光投射の最大のパフォーマンスを提供します。

レーザープロジェクターの応用例

レーザープロジェクターは人とコンピューターを繋ぐ役割を担っています。例えば、作業ガイダンスやアシスタントシステム使用する場合、Z‐LASER社レーザープロジェクターは作業者に、ねじや溶接線の配置箇所、適切な材料を移動させる箇所を即座に示します。視覚的な作業指示のおかけで、対象を絞った効率的な方法で製造工程を作業者に示し、それにより製造工程は最適化され、可能な限り経済的に行うことができます。
アプリケーション例は以下の通りです:

レーザープロジェクターはより高い生産の効率・品質を保証します。

幾何学図形、文字、文字列、数字などの表示が選択でき、作業者へ次に行うべき作業工程を即座に示すことができます。(例えば、ピッキングシステムなどにおいて、レーザー光投射部のピックアップや投射部への配置)保管する製品の場所、数量、製品番号や品名などの多くの情報をレーザー光で指定し表示することも可能です。正確な位置情報は制御ソフトウェアまたは分散型PLC制御システムを介して送信されます。物流倉庫などでの視覚的信号のガイダンスは、棚やラックの形状に合わせ柔軟に構築でき、ユーザーによって簡単に変更、再設計が可能です。Z‐LASER社の全てのレーザープロジェクターは産業用に製造されており、手頃な価格で最高の要求にお応えします。