Z-LASER

製品

Shows the way
レーザーが示す安全と省力の道筋

位置決めレーザー

位置決めレーザーは、位置合わせと位置決めの精度が要求される場所で使用され、さまざまなワーク材上で特定の位置を安全かつ確実に表示します。ラインレーザーとして、バンドソー、クロスカットソー、プレスブレーキなどのあらゆる切断機に使用されているため、位置決めレーザーは木材、金属、繊維産業で多く見られます。クロスレーザーとして、レーザーモジュールは穴あけ加工や他の処理工程での作業ポイントを確実に示します。

サークルレーザーを使用することで、円形の物体の位置決めがより簡単になります。サークル投射は、直径の異なる型板として代用でき、大きなケーブルドラムや木製の樽底の製造に最適なソリューションとして使用されています。例えば、投射されるサークルは円形のワーク材の外側の輪郭を示し、これにより木樽のそれぞれの木片を簡単かつ正確に組み合わせることができます。このように位置決めレーザーは材料と時間を節約し、最適な作業結果を達成するのに役立ちます。

ZM18

ZM18

ZM18シリーズは長きにわたってその実力が証明されている、Φ18mmヘッドの製品ラインで、位置決め用、画像処理光源用両方の用途に適用できる多彩な仕様を誇っています。

ZX20

ZX20

全ての光学部品を14軸ロボットで位置合せし、自動化生産されるZXシリーズは豊富なレーザー波長、デジタル/アナログ変調を備えたマシンビジョン構造化光の新スタンダードです。

ZLP1

ZLP1

ZLP1はコストパフォーマンスに優れた2Dプロジェクターです。設置高さは最高3.0mで、最大3.5m四辺の投射面に視認性の高いグリーンのレーザー光パターンを投射します。

ZAT

ZAT

電池駆動のZATシリーズは、既に“ベルトアライナー”(ベルト軌道調整用)として長年の実績をもち、旧ベストセラーシリーズZAの性能と品質をさらに向上させた後継シリーズです。

ZLP2

ZLP2

ZLP2は、ファイバーカップルレーザー光源を採用した、2DプロジェクターZLPファミリーのハイエンドモデルで、図形、文字など、2Dレーザー光投射の最大のパフォーマンスを提供します。

ZX10

ZX10

ZXシリーズは仕様のカスタマイズ性に富んだシリーズで、赤色またはIR波長が選択できます。ヘッド計はφ10.7mmで、マシンビジョン、センサ、加工機械への組込み用に最適です。

ZM12

ZM12

ZM12シリーズはヘッド径φ15mm、本体外周に取付け固定用のM12ネジが施された、コンパクトで取扱い易いレーザーモジュールです。狭いスペースへの取付けに適しています。

LP-HFD2

LP-HFD2

LP-HFD2は多大な販売実績を残したLP-HFDの後継機種です。コンパクトで軽量な新ハウジングに、優れた熱管理機能を備えた2Dレーザープロジェクターのベストセラーモデルです。

ZT

ZT

ZTは特にテキスタイル産業用に開発された口径φ16mmのレーザーで、光学ヘッドの交換が可能です(ドット、ライン、クロスライン)。テキスタイルの位置決め用途に使用されます。

ZRX

ZRX

ZRXは口径φ40mmの丈夫なハウジングに二つのレーザーダイオードを内蔵し、赤またはグリーンの精細で視認性の高いクロスラインを投射します。AC100Vでの使用が可能です。

ZRG-F

ZRG-F

ZRG-Fは口径φ40mm、532nmのグリーンレーザー、焦点調整が可能なレーザーです。極めて視認性の高いドットまたはラインを投射できます。AC100Vでの使用が可能です。

ZKV

ZKV

ZKVはレーザー投射の開口角度が可変(15°~70°)で、直径500mmから5,600mmまでのサークルラインが投射できるレーザーです。赤色またはグリーンレーザーが選択できます。

ZD

ZD

ZTは口径φ11mmの小型ローコストレーザーモジュールです。赤色またはグリーンのドット、ライン、クロスライン、DOEのレーザー投射ができる位置決め用のレーザーモジュールです。

Z5A Belt Aligner

Belt Aligner

ベルトアライナーZ5Aはベルトやチェーンなどの走行軌道をチェックし、位置調整を補助するレーザーツールで、レーザーと一体の強力なマグネットで簡単に機械に装着できます。

ZR

ZR

本体口径φ40mmのレーザーZRは非対称レンズを備えており、斜め取付けによって最長15mのレーザーラインが投射できます。電源電圧はワイドレンジのAC90~265Vです。

ZFpeF

ZF peF

ZFpeFは口径φ11mm、手動で焦点調整ができる小型レーザーモジュールです。木材、石材、テキスタイル、金属など様々な分野で簡単に使用できる汎用位置決めレーザーです。

ZPT-F

ZPT-F

本体口径φ40mmのレーザーZPT-FRは焦点可変の高出力ラインレーザーです。内蔵のアクティブ温度制御により耐久性が高く、電源電圧はワイドレンジのAC90~265Vです。

位置決めレーザーの応用例

Z‐LASER社のラインレーザー、ポイントレーザー、クロスレーザー、DOEレーザーは様々な産業やアプリケーションで使用されています。位置決めレーザーは、木材や金属産業だけでなく、医療技術分野やテキスタイル産業でも見られます。これらの分野において、位置決めレーザーの画期的なアプリケーションもあります。

位置決めレーザーでさらなる効率化・低価格を実現

ワーク材や構成部品などあらゆる種類の位置決めと位置合わせの効率化に、位置決めレーザーは大変理想的です。
また同時に、不良品や廃棄物を減らし、関連するコストを削減します。これらの目的のために、Z‐LASER社は、ラインレーザー、クロスレーザー、ポイントレーザー、サークルレーザーをさまざまな波長(主に赤・緑色)とデザインで取り揃えています。外部電源と接続できる設置型位置決めレーザーもあります。のこぎりやドリルといった可搬型機械や、外部電源の入手が困難な場合には、自立型電源を備えた位置決めレーザーの使用が有効です。Z‐LASER社の位置決めレーザーは、産業アプリケーションおよび環境に“Made in Germany”の最高の品質と信頼性を提供します。